形成外科とは


形成外科とは

骨格や筋肉といった、主に運動機能に関わる身体の内側の部位に対し、治療を目的として行われるのが整形外科であるのに対し、身体の表側、すなわち皮膚が覆っている部分に対して治療を行うことで、正常な機能性や解剖学的に適正な形状を回復させるために行われる治療を目的とするのが形成外科です。語感の類似性や、その分野における成り立ちにおいて混同され、しばしば誤解や誤用が見られる外科分野でもあります。

美容整形 仙台

代表的な治療対象となるのは火傷や凍傷、顔面骨折や皮膚の異常などで、それが生まれついての先天的な疾患である場合も、事故などの後天的な事象である場合も、同様に形成外科での対応となる場合がほとんどです。

因幡晃「きみはどこまで美しくなるのか。」 - YouTube

形成外科の対象となるのは、あくまで「身体の表面上」の異常であり、それが内部である場合や、機能自体が正常である場合は、基本対象とはなりません。しかし、例えば生まれつきの顔の形状が醜悪であるということに関し、どこまでが正常でどこからが異常なのかという線引きは困難ですし、機能自体が正常であればどのような形状でも対象とならないわけでもありません。そうした意味で、形成外科と美容整形との境界線はとてもあいまいな部分が多いと言えるでしょう。実際、実質的には美容整形分野に属する治療と認識していながら、形成外科の施術として行われているものも数多くあると言われているのです。

美しくなるランナー食 | スポーツ | 趣味 | 書籍 | 小学館

人間は目からの情報の影響を大きく受ける傾向が強く、また特異性に対して美意識に関連付けて思考することも良くあることです。一般的でないものが美しいとされるか醜いとされるかは、個々人の美意識とともに社会やそのコミュニティーの文化に依るところが大きく、一概に論ずることは出来ません。しかし、本人の意識や精神状態を左右する要素として、その個人の見た目が一般的であるか、その時代や文化において美しいか否かは非常に重要であると言えるでしょう。

そうしたことを考える場合、形成外科の持つ役割は、患者の表層部分に対する治療であるとはいえ、内面や精神的な部分に大きく関与しているといえるのです。そこに、形成外科が「身体機能の正常化」のみを目指しているのではなく、見た目において何らかの治療を行うという意義があるわけです。

こうした形成外科の意義が、美容に特化していったのがいわゆる美容整形でしょう。形成外科と美容整形の関連が深いのはこうしたことが一因となっているというのも頷けます。