スクラップ集めにおいて危険な事ってなに?


スクラップ集めにおいて危険な事ってなに?

近年、社会構造は資源の減少などを受けて、様々なリサイクルを重視する循環型の社会へと舵を切りつつあります。身の回りを見てみても、可燃物と不燃物の分別など、再利用が生活の中にしっかりと浸透している痕跡を確認することが出来ます。

さて、このように循環社会を形成しておくにあたって、特に重視されていることがあります。それが、時に「スクラップ集め」とも呼ばれる鉄資源の回収です。

 原付バイク 登録・廃車の諸手続き | 神奈川県 平塚市

現在、日本の鉄製造量は約1億トンと言われていますが、そのうち、約35%はスクラップの鉄を回収して再利用しています。現実的に、リサイクルされた鉄無しでは、現状の製造量を維持することは難しく、また再利用された鉄はCO2の排出量が新規に作るよりも少なく、結果的に環境にも優しいため、今後ますます鉄スクラップの利用は増加が見込まれています。

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録・廃車等の手続き 江戸川区ホームページ


そのため、これらを扱う業者の増加も見込まれていますが、反面、スクラップを集める際の危険性を理解していない、いわゆる「にわか業者」が増えることも懸念されています。

ミスター廃車マン

実は鉄スクラップを収集する作業には、火災などの一定の危険が付随しているのです。特にここ数年は、リサイクル件数の増加に伴い、ゴミの仕分けの精度が下がっており、時に金属スクラップの中に家電が紛れ、その中のリチウム電池が発火するといった事態が多発しています。

リサイクル業も、他の職業と同じように専門知識が必要とされます。決して軽い気持ちで適当に行っていい作業ではありません。もし、これをお読みになった中で、スクラップ収集を考えている方がいたならば、まずはしっかりと知識を身につけ、その後に実際の作業を行われることを強くお勧めします。